2019.4.8 UP オリジナル小説連載開始のお話。

Dream Dochan tono は、2019年2月22日で、20周年を迎えました!
このページは、20周年記念ページです!
開設から現在までの Dream Dochan tono の歴史を振り返る予定ですっ!


1) 20周年を迎えてのご挨拶
2) どちゃん! オリジナル小説連載開始


〜20周年を迎えてのご挨拶〜

いつもアクセスありがとうございます。
Dream Dochan tono 管理人のどちゃん! です。
2019年2月22日で、20年目に突入しました〜!!
細々と続けているのも、自分の趣味でございます(笑)

今も地道に開設当初に教わった HTML を打ち込んで運営しております。
まずは、HTML を教えてくださった、Kさん(お名前は伏せます)、ありがとうございます!

さてと。Dream Dochan tono の歴史は、更新履歴とコンテンツの内容でお分かりかと思いますが、
ドメインを取得した今まで、色々と移転していたことを、振り返ってみました。

ネットを利用し始めた頃、色々と検索して色々なホームページや掲示板など楽しんでおりました。
ところが、何か寂しい。
一番、気になる…『ビートたけしさんの歌』関連のホームページ。
しかし、検索を掛けても、全く見つからない。ビクターさんでさえ、無い……。
仕方ない。これは、作るしかないっ!!!

てなことで、ホームページを作ってみたいと意を決して、作り方を K さんに教えてもらいました。
手取り足取り…とまではいきませんが、HTML についての簡単な知識、そして、それを公開するサイト、
それらを全て教えてくださいました。私にとっては、K さんは、師匠です!!

HTML で作成したファイルにて表示テストをし、ホームページのタイトルと、ハンドルネームを決め、
そして、公開するサーバーを見つけ、いざっ!!

Dream Dochan tono 開設!


始めた頃は、cool online とジオシティーズの2社の無料ホームページ作成サイトを利用しておりました。
もちろん、ネットの回線は、電話回線。いや〜、凄かったね〜電話代が。
その後、暫くしてケーブルテレビの回線を利用するという kcat zaq へ契約し、ホームページを作成。
もちろん、無料でお借りしていたところでも、続けておりましたが、そのうち、cool online が
ホームページの貸し出しを終了した事、これを機に、kcat zaq へ統一する為、ジオシティーズを退会。
それからは、地道に、kcat zaq の URL にて、日々更新しておりました。

時代が、携帯電話からスマフォ、ネット回線も光回線とか、スピードなどを重視し始め、
どんどん進化していく中、kcat zaq が運営の危機に見舞われ、そして、遂に!!!


続けてきた Dream Dochan tono をどうすべきかと悩んだ挙げ句、運営の危機に
見舞われることは無さそうな、ヤフージオシティーズというところにお世話になろうと決め、
再び、ジオシティーズという名のところへ契約。その際、ドメインを取得してみました。
しかし、ヤフージオシティーズへ移行作業をし始めようとしたが、文字化けが発生。
調べてみたところ、開設当初に教わった HTML が進化していた!!
ユニコードやら何やら、四苦八苦しながら、のんびりと移行・更新作業をしていたら、
なんと! ヤフージオシティーズ終了のお知らせが届く………orz


てなことで、20周年に突入した現在。師匠の K さんお奨めの大手レンタルサーバーを
お借りすることで、取得したドメインも継続し、サービス期間も終了したことで、
本格的な運営となった次第で御座います。
実は、この 20 周年に合わせて、移行時期を選んだのでした (^^ゞ


kcat zaq の時代で、使用しているパソコンが OS9 だった頃にイラストを描くために
高価な買い物をした Photoshop のソフトと Flash 5 のソフト。Mac X にした途端、
使用不可能となり、それから、イラストを描くこともなくなり、写真と文章だけだったけど、
なんと!! 時代は進化し続けていた!!

イラストが(画力は求めないとしても)簡単に描けると耳にしたので、
iPad Pro 11 を購入し、ソフトという名前ではなく、アプリという名前になっていて、
イラストを描ける人気のアプリを購入。
2019年の年賀状にて、亥年のイラストを描いてみました。(ご覧になった方、どんな感じでした??)

長年のブランクがあるけれど、徐々にイラストを描いていこうと気合い入ってます!!

……ほんま、文章能力も劣化してきたなぁ〜と感じる今日この頃ですが、
20周年を機に、たくさん描いて、物語も更新していきたいなぁ〜と。



ご挨拶が長くなってしまいましたが、この 20 年、色々とありましたなぁ〜。
思い出しながら、Dream Dochan tono の思い出を、語っていきます〜!

てなことで! これからも、どぞ、宜しくお願い申し上げます!

どちゃん! でした (^_-)-☆
2019.2.22




〜どちゃん! オリジナル小説連載開始〜

さて。自分のホームページを開設する意気込みの中、
何を題材にすれば良いのか、考案中、当時はネット徘徊をしつづけ、
色々なホームページを見つけては、じっくりと楽しんで拝読したり、
自分の好きなキャラクターに関するファンサイトを見つけては、楽しんだりしてましたが、
いずれも、イラスト関連のページが多く、画力と画才のない私にとっては、
自分のホームページでは、公開なんて、無理やろなぁ〜と思っていた矢先、ふと思い出す。

そういや、中学一年生の時、クラスメートが見せてくれた脚本を参考に、自分でも
書いていた作品があったっけなぁ…と。
クラスメートは、当時、同人誌というものを作っていて、その台詞を書いていたものを
照れくさそうに見せてくれたんですよね。
うちも書いてみたいなぁと、思い立って、ノートに書いていたのがあった。
それを机の引き出しの奥から引っ張り出して、読み返してみる。

これだ!

そして、未熟ながらも HTML にて、小説を書いてみる。
まぁ、小説と言っても、国語が苦手だった私にとっては、自分が書いた脚本を基に、
そのまま書いていくだけだったので、恐らく、その世界の方が読んだら、稚拙で
読みづらい表現だったかもしれませんが(今でもそのままアップしてるので、読みづらい)、
仕方ないです。自分が書いていたのは脚本。「ト書き」と「台詞」が主流なのです。
なので、表現力というより、読者の想像力任せの内容となっております、はい。

公開前に悩んだのは、小説のタイトル。
物語の主流になるものをタイトルに盛り込んだ方がええかもしれへん、
てなことで、内容を振り返る。えっと、やくざもの……の他に、何だっけなぁ。
傷を治してしまう光と暴力的な光……『光を発する特殊能力』
彼女の笑顔を見るだけで、心が和む……『笑顔』
やくざの世界に新たな風が吹く。親分のために生きて欲しい……『新たな世界』
そして、決まったタイトルが!

『光と笑顔の新たな世界』

…タイトル、ながっ!!!
でも、これだけでは、なんとなく、何か分からんなぁ〜。
と思って付けたサブタイトル的なものが入り、

〜任侠ファンタジー小説・光と笑顔の新たな世界〜

あっ、でも、ファンタジーって、可愛い感じがするはずやんなぁ。

そして、決定する。

〜任侠ファンタジー(?)小説・光と笑顔の新たな世界〜

誰が読んでるかは、さっぱり知りませんが、まぁ、自分が好きで書いてアップしてるので、
別にいいかなぁ〜と思いながら、当時は、日々、書いてはアップする状態でした。
今では、更新速度が半年に一話という状態なのですが、当時は、ネットでの
オンラインゲームには興味が無く、ピグが無かった時代でしたので、夜は暇。
テレビを観ながら、物語を書いて、そして、アップする。
主人公となる少女だけでなく、少女を支える者達のお話の書きたくなって
組員たちの物語も書き始め、両方を同時進行で書いているものだったから、
時々混乱して、名前を間違ってしまったり、ついには、禁断の大人な世界まで
書いてしまったりと、基になっていた脚本の内容を公開し終わってしまい、
途中からは、本当に、書いてはアップの状態へ。組員達の物語なんて、
主流の方を追いつくほど書いてしまい、終わらせるのが寂しくなり、
番外編だけでなく、続編、続編2 と書き終えた途端、主人公の物語と組員の物語を
同時に終わらせ、完結編へと、両方の物語を繋げるという方法を取り、遂には、
完結させてしまいました!

長い長い物語も遂に、完結! 燃え尽きたかに思えたけど、その後を書きたくなり、
『極』編という、極めた話を連載開始。そしたら、ふと、思いついた内容を
続けたくなって、今、連載中となっております。


うちが物語を考えるのは、いつなのか。
それは、布団に入って寝落ちする寸前まで、どんな感じがいいのかなぁと、
場景や台詞、時間軸を思い浮かべます。更には、自分が過ごしてきた日々や
旅行先での行動も加えて考えたり、こういうとき、主人公はどう行動するのかな?
などなど、日々の生活の中で、考えてます。

もちろん、任侠ファンタジーだけでなく、他にもたくさん、考えている物語があり、
その中の二つほど、ネット上にアップしたことがありますが、移行と共に、
もう少し内容を詰めたものにしたいなぁという思いもありまして、現在削除してます。

そういや、いつだったかなぁ。
オリジナル小説をマンガ化、ドラマ化したいなぁという思いがありましたねぇ。
本として売ってみたいなんてことも思いましたが、とあるネット掲示板での言葉が
グサッと胸に刺さりましてね、全部諦めました。

時は経ち、今の世の中、マンガ化して、ネットに公開して、本になったり、
デジタル化で売られたりしてるものが、山ほど溢れかえってしまいましたやん。
乗り遅れた……というより、画才が無いから、マンガ化なんて、無理やし、
売り出すなんてこと、到底無理!! みんな、凄いなぁ。羨ましいなぁと。
だけど、自分の作品なんて、誰が読んでるのかも分からんし、ついでに、
自分の趣味で、自分が読みたいだけで、アップしてるだけやし…てなことで、
未だに、こそっと自分のホームページにアップし続けております。

小説というものをあまり知らずにアップし続けておりますが、
今では、「小説」と言うより「物語」にしときゃぁよかったと、ちょっぴり後悔。
オリジナル小説として、続けるしかないっ!と覚悟を決めた
どちゃん! でした!
2019.4.8



ちなみに、このリンクバーは、当時、イラストを描いて作ったものです。
初代のものに比べ、一応、画力は上がった感があります。(初代は非公開です)
そして、Flash5 というソフトも買っていたので、gif アニメとして
作ったリンクバーでございます。



Dream Dochan tono